クラシックの最近のブログ記事

dockBoss+  をお買い上げいただきましたお客様からの、お声です。

◆ FIAT500で スマートフォンが聴けます。   FIAT500 型式ABA-31212でディーラーに付けてもらった線に、dockBoss+ を接続し、純正オーディオをCDチェンジャーモードに設定すると、本来ならIPODかアイフォンしか音楽は聞けないと言われていたのに、手持ちのドコモス マートフォンで音楽が聴けるようになりました。 充電もちゃんとされてます。

ご報告、誠にありがとうございました。

より多くの FIAT500で スマートフォンをお聴きいただけますとさいわいです。

ご自身の車で使えるか、お試しいただけます。
http://sound-link.jp/test.html

お気軽にお申し込みください。
ご利用、お待ち申し上げます。



dockBoss+ はアマゾンからもお買い求めいただけます。




これからも、良い製品をご紹介したく思います。


充電の問題を解決してくれた便利グッズ、dockStubz 。

多くに方に支持されご愛用いただいておりますが、
この度、装いも新たに、dockStubz+ として登場いたしました。

サイズも小さく、よりコンパクトになりました。

iPod, iPhone, iPad 等のケースを装着された方に歓迎していただければと思います。

ほぼ全てのケースを外すことなく接続できるように、
挿入サイズが、幅、 26mm 

dockstubz-new-f-size-220220.jpg厚み、 6mm と新しくなり有効性を高めています。
dockstubz-new-s-size-220220.jpgチャージコンバーターの機能もそのまま継承されています。

それでも充電できない人の為に、
サイドに、micro USB を設けてあります。

サードパーティーの充電器を使って、充電が可能かと。

サウンド・リンクのホームページからご購入いただけますが、
価格面でアマゾンよりお買い求めいただきましたほうがお得です。



これからもお役に立つ製品をご紹介していきたいと思います。


最後まで、お読みくださいまして感謝いたします。


ipod shuffle を車内で使おうとすると問題が・・・
そう、ipod shuffle には DOCK がない。

ある方が、辿り着いた結論とは・・・

http://sound-link.jp/index.html
ここにあった。 ↑

DOCK INPUT CABLE 又は dockBoss を使用して、ipod shuffle のヘッドフォン出力を
オーディオテクニカ AT-FMT1000i トランスミッターに入力して飛ばすこと。

なかなか思いつかないいいアイデアで、うまく解決。

DOCK INPUT CABLE 又は dockBoss を使うと、
あんがい、DOCK 付き製品の使用範囲が拡がりそうですね。

こんな組み合わせで使えたよ、と喜びの声がたくさん聞けるとうれしいです。

♪~~~~~~ ♪~~~~~~ ♪~~~~~~ ♪~~~~~~


http://sound-link.jp/dockboss.html

ipod shuffleオーディオテクニカ AT-FMT1000i トランスミッター使用で、
車内が、shuffle ワールドに。

【 お客様の声 】から抜粋。
今回購入した「DOCK INPUT CABLE」と、テスト貸出していただいた「DOCK BOSS」ともに、ipod shuffleのイヤホン部分とAT-FMT1000iのDOCKコネクター部分に接続して、FMトランスミッターで音源を飛ばしてきくことが出来ました。

♪~~~~~~ ♪~~~~~~ ♪~~~~~~ ♪~~~~~~

DOCK INPUT CABLE は、 もともと Bose SoundDock を有効利用するためのケーブル。
For Bose SoundDock と謳われてはいます。
様々なオーディオ装置のヘッドフォン出力をボーズ社のSoundDock に接続して聴けます。


目の付け所が・・・
「DOCK INPUT CABLE」
dock-input01-l.jpg
「DOCK BOSS」
dockboss_f_500.jpgのサムネール画像同じような構造ですが、内容に違いがあるようです。

使い分けが必要です。

自分の使用目的に叶うのかなと疑問をお持ちの方へ、
サウンド・リンクでは、
http://sound-link.jp/test.html
お試しが出来ます。
安心して、ご利用ください。

アマゾンでも購入いただけます。
(※ ご注意ください。お試しはサウンド・リンクのみです。)







※ 全ての接続を保障するものではありません。

CableJive 社の新製品が  登場です。

その名は、dockBoss ( ドックボス )
dockboss_f_500.jpg

iPod や iPhone の再生にDOCK付きスピーカーをお使いの方は大勢いらっしゃると思います。

せっかくの DOCK付きスピーカーを iPod や iPhone の再生だけに使うのは、
モッタイナイ ではありませんか。

そこで、登場したのが、 dockBoss ( ドックボス )
dockboss_toon_500.jpgお手持ちのPC,Mac,のヘッドフォン出力をDOCK付き スピーカーから再生。

その他、
  • laptops, MP3 players,portable radios, CD, MD,ウオークマン等の音源を聞くことが出来ます。
  • 全ての接続を保障するものではありません。
  • *The dockBoss is not compatible with VW stock stereo systems iPod/iPhone integration kits.

お買い求めは、
http://sound-link.jp/dockboss.html

アマゾンからもご購入いただけます。




DOCK付き スピーカー 活用術のご案内でした。






年明け早々に、 CableJive から新製品が到着いたしました。

その名は・・・ CableJive製  duaLink ( デュアリンク ) といいます。

duaLink_hako_image_500.jpg

                                      sync Splitter Cable for iPod and iPhone


到着したばかりで・・・

箱の説明には、

・ 一つのUSBポートから2台を Mac 叉は Windows PCと 同期させて、充電できます。

・iTunesで、iPod と iPhone へのアクセスができます。

・USB 2.0 コンパチブル。

・程よく使いやすい、9インチ(23cm)の長さです。

・ iPodシャッフル以外のiPod と iPhone でお使いいただけます。

と、ありますが・・・

さっそく、手持ちの iPod classic 120GB と iPod nano 2G (第二世代)を同時に接続。

iTunes で二台別々に認識されています。

・・・・・食後、戻ってみますと、おおっ! 二台ともフル充電されていました。

いままでは、別々に充電していましたから・・・なんともベンリ このうえなし。

おまけに、手元で使うには長すぎるきらいのある付属の USB 2.0ケーブル よりも、
はるかに使いよいケーブル長、9インチ(23cm) なかなかいい感じです。


iPod nano (第二世代)は、Windows PC 仕様でしたので Mac 仕様に変更。
二台とも接続したまま、簡単に終了。(接続のたびの抜き差しから開放されました)

Mac 仕様に変更した iPod nano (第二世代) 2G に Susan Boyle を・・・
いやぁ 楽になりましたよ、iTunes との同期。

さっそく Wadia 170 iTransport +GENELEC 8130A で再生を・・・
ちょっと贅沢な感じ・・・でも いいな


CableJive製  duaLink ( デュアリンク ) アマゾンでもお買い求めいただけます。

先日、ご紹介いたしました、
Nova PhysicsノバフィジックスのThe Memory Playerメモリープレーヤー

ホームページを更新しました。

http://www.sound-link.co.jp/nova_physics.htm

Memory Player では Read Until Right™  を最大の売りにしています。
データの読み込みは エクストラクティング(抽出)といい、
リッピングとはいわないようです。

世界で初めて CD からパリティピット=誤り検出符号やECC =誤り訂正符号を取り除き、純粋な音楽データのみを抽出することに成功した、CD トランスポートですと誇らしげです。

その心臓部の技術は、2004年に開発されたソフトウエア RUR=Read Until Right™

RUR=Read Until Right™ は正しく読み取りが行えなかったビットが発生するたびに、
レーザーピックアップのアングルやポジション、そしてスタート地点やルート等を変更して、
再度読み取りを行うそうです。

再読み込みの回数は、最大150回だそうで、通常の CD であれば ほぼ100%、
純粋な音楽データのみを抽出することが可能だそうです。


さっそく、CD というものが出現して始めて買った、
たしか1981年製の CD  BEETHOVEN  /  Emil Gilels, Piano
このCD を EXTRACTOR:エクストラクティング 開始。

わずかな時間で、エクストラクティング(抽出)完了。

さあ、聴きましょう!





機会あるたびに、試聴会を と考えています。
お問い合わせください。















Nova PhysicsノバフィジックスのThe Memory Playerメモリープレーヤー

コンチネンタルファーイースト取り扱いの The Memory Player がお目見えです。

着いたばかりなので、詳しくはこれからとなりますが・・・
久しぶりの大興奮です。

Wadia170 iTransport 登場以来、iPod 関連、PC 関連の製品に目がいっておりましたが・・・

実を申しますと、ここしばらくは、CableJive 関連で手一杯・・・
DOCK EXTENDER CABLE おかげさまで大好評です。
なかったんですねぇ、だれしもが思いつくオスメス延長コード。
Dock に固定しないと使えなかった iPod,iPhone が室内でも、
車の中でも、いろんなシーンで使いやすくなり、手放せません。

http://www.sound-link.jp/

お値段も、2980円からとお手軽で、ご購入者様から喜びの声が・・・
たくさんメールいただいております。
この場をお借りいたしまして、改めまして御礼申し上げます。

 



そうそう、ここは、Nova Physicsノバフィジックスのことを書かねば ですね。

Nova Physics The Memory Player
2007年にアメリカで発表された折、どんなものかと大変気になっていたのですが、
ついに、最新バージョン 目の前に登場です。



memory-player_600.jpg専用のフライトケースから取り出した印象は、
少し大きめの モニター付 AV アンプ風・・・
今も取り扱っています、
Parasound Halo C-1 Surround Processor のモニターを大きくした感じです。
http://www.parasound.com/halo/c1.php

さっそく、CD を EXTRACTOR:エクストラクティング 開始。
(Memory Player では リッピングとはいわないようです)
音楽データは、一旦フラッシュメモリーに記録されます。



memory-player-ext_600.jpgこの音楽データを、デジタル出力し DA コンバーターへと入力します。
目の前のThe Memory Playerには、DAC (真空管)が内臓されていますが、
きょうは、いつものDAC で再生してみます。

音楽データは、ハードディスクにドラップ(ドラック&ドロップ)して残せます。
内臓のハードディスクが満杯になれば、外付けのハードディスクへドラップということになります。

CD というものが出現して始めて買った、
たしか1983年製?の CD ギレリスの月光 マスターテープを聴いているようです。


到着したばかりですので、操作に不慣れですが、
この最新バージョンは CD のみならず、DVDオーディオも焼けるそうです。
ほかにも、アップサンプリング、ダウンサンプリング等々多くの機能が満載です。

フラッシュメモリーに記録された音源を CD に焼きますと、
オリジナル以上の CD ができるそうです。

明日は、オリジナルCD と フラッシュメモリーから作られた CD との聴き比べです。





きょうは、このへんで・・・

















昨年の暮れいずみホールでシリンクスフルートアンサンブル定期演奏会を聴いてきました。


持田 洋:指揮&フルート シリンクスフルートアンサンブル


待望の初CDが 2月25日 リリースされます。

l_s_motida.jpg

JVC K2レーザー・カッティングによる高音質CD だそうで、期待するところ大です。

出来立てのCD の到着を待って、12月17日のいずみホールでの音を思い出しながら、
弊社試聴室で聴いてみようと思っています。

CD プレーヤーでの再生とは別に、iPod に取り込んで・・・

iPod + WADIA 170 iTransport  との組み合わせに、
超ハイエンド再生をしてみようかと考えています。


もしよろしければ、ご一緒にいかがですか。
お気軽にお声おかけください。



リリカル・ランドスケープ/シリンクス フルート アンサンブル
【器楽曲】
● CMCD-28172 ¥2,940(税込)/2009.02.25 発売