2009年9月アーカイブ

Nova PhysicsノバフィジックスのThe Memory Playerメモリープレーヤー

コンチネンタルファーイースト取り扱いの The Memory Player がお目見えです。

着いたばかりなので、詳しくはこれからとなりますが・・・
久しぶりの大興奮です。

Wadia170 iTransport 登場以来、iPod 関連、PC 関連の製品に目がいっておりましたが・・・

実を申しますと、ここしばらくは、CableJive 関連で手一杯・・・
DOCK EXTENDER CABLE おかげさまで大好評です。
なかったんですねぇ、だれしもが思いつくオスメス延長コード。
Dock に固定しないと使えなかった iPod,iPhone が室内でも、
車の中でも、いろんなシーンで使いやすくなり、手放せません。

http://www.sound-link.jp/

お値段も、2980円からとお手軽で、ご購入者様から喜びの声が・・・
たくさんメールいただいております。
この場をお借りいたしまして、改めまして御礼申し上げます。

 



そうそう、ここは、Nova Physicsノバフィジックスのことを書かねば ですね。

Nova Physics The Memory Player
2007年にアメリカで発表された折、どんなものかと大変気になっていたのですが、
ついに、最新バージョン 目の前に登場です。



memory-player_600.jpg専用のフライトケースから取り出した印象は、
少し大きめの モニター付 AV アンプ風・・・
今も取り扱っています、
Parasound Halo C-1 Surround Processor のモニターを大きくした感じです。
http://www.parasound.com/halo/c1.php

さっそく、CD を EXTRACTOR:エクストラクティング 開始。
(Memory Player では リッピングとはいわないようです)
音楽データは、一旦フラッシュメモリーに記録されます。



memory-player-ext_600.jpgこの音楽データを、デジタル出力し DA コンバーターへと入力します。
目の前のThe Memory Playerには、DAC (真空管)が内臓されていますが、
きょうは、いつものDAC で再生してみます。

音楽データは、ハードディスクにドラップ(ドラック&ドロップ)して残せます。
内臓のハードディスクが満杯になれば、外付けのハードディスクへドラップということになります。

CD というものが出現して始めて買った、
たしか1983年製?の CD ギレリスの月光 マスターテープを聴いているようです。


到着したばかりですので、操作に不慣れですが、
この最新バージョンは CD のみならず、DVDオーディオも焼けるそうです。
ほかにも、アップサンプリング、ダウンサンプリング等々多くの機能が満載です。

フラッシュメモリーに記録された音源を CD に焼きますと、
オリジナル以上の CD ができるそうです。

明日は、オリジナルCD と フラッシュメモリーから作られた CD との聴き比べです。





きょうは、このへんで・・・

















アイテム

  • memory-player-ext_600.jpg
  • memory-player_600.jpg

このアーカイブについて

このページには、2009年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年8月です。

次のアーカイブは2009年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。